50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
初日無事終了
さまざまな、問題や困難がありましたが、なんとか無事初めての公演の初日を終えることができました。
やっぱり初めてお客様の前で作品を披露するとあって、すこし堅くなっていた面もありましたが、半年間の稽古の成果は出せたのではないでしょうか。もちろんまだまだ良くなる余地はたくさんあります。(この公演の間ですらきっと改善が見られることでしょう。)このはじめの一歩を起点として、さらに活動を継続する中でより良いものを目指してまいりたいと思っています。

公園にて0803

記念祭0803


Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いよいよ今週末。
いよいよ公演が今週末となりました、舞台のセットも整い、着々と開幕に向けて準備が整ってきました。
舞台

 本日は照明のセッティング、明日から本番に則したリハーサルとなります。

 さて、昼間の公演の残席が少なくなって参りました。確実にご入場いただくため、昼間の公演をご希望のお客様は、できるだけご予約頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 夜の回はまだお席に余裕がございますので、お時間よろしければぜひ夜の回にお越し下さいませ。

 ご来場お待ちしております。日時等は以下の通りです。
 

続きを読む >>
Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
笑い。
公演に向けた稽古が続きます。
チェーホフの短編「創立記念祭」は笑いながら楽しんで頂ける作品です。しかし、この笑いを生む演技はなかなか難しいものです。
概ねセリフが覚えられてきて、演技がだんだん自由になってきました。演出も笑いを生むやり取りや、滑稽さが醸し出されるように指導に熱が入ります。実際演出家からの提案や指摘を受けてどんどん面白くなっています。稽古時間が短くて大変ですが、密度の高い練習となっているように感じます。
月組080114

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シニア劇団月組。稽古再開。
年末年始休みが終わり、今日から稽古が再開されました。
3月の公演ですが、ほとんどセリフが入り、どんどん演出がつく練習となっています。みていて面白くなってゆくのがよくわかります。
シニア月組080107
こういう練習になってくると、練習はどんどん楽しくなってきます。
いいものができてゆく予感がします。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
クリスマス会
今日はクリスマスイブ。
講師の村上さんの発案で、稽古を早めに切り上げて、クリスマスの乾杯をしました。
アメリカ生活が長かった村上さん。この辺りがちょっとアメリカンな感じがします。失礼な意味では決してありません。
 ともあれ、稽古ではとまどったり、イライラしたり、鬱憤がたまったりしがちでしたが、さっぱりとしたいい雰囲気になりました。
これで、今年の稽古は終了です。
いい感じでの締めくくりとなりました。
Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゲストを交えて
今日は3月の公演に参加して下さるゲストの方も来て下さり、一緒の稽古となりました。
参加者が揃って、いよいよ本格的な練習が始まります。
年内には公演の情報が固まって、年明けには告知が開始される予定です。
ご期待ください!

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キャスティング
いろいろ予期せぬことがあったものの、なんとか3月の公演に参加するメンバーが固まりそうです。体調こと(それはご親族の体調も含めて)、お仕事のことなど、若い方のように公演に向けて自分のこと以外は何にも心配なし、という訳にはいかないことがよくわかりました。
 今回の公演は、一部ゲストを交えて(若いキャラクターや配役が足りないところに)行うことになりそうです。テキストを使う作品ではどうしても若いキャラクターが登場する場合も必要ですから、そのあたりは臨機応変にしてゆこうと考えています。
 稽古はなかなか順調なようです。月組071126


Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
月組公演!
公演をめざして練習している月組ですが、正式に日程が決まり本日皆さんに発表されました。現在練習している作品の上演をめざします。
3月7日(金)〜9日(日)が公演日です。
この日程、その他参加費などの条件で参加表明をした方が正式に出演者となります。
12月頭には演目、出演者、配役が正式に決定し、公演に向けて本格的な練習となります。
 この公演がアトリエ劇研シニア劇団の始めの一歩となります。いろいろ困難はありましょうが、まずは未来に向けていい一歩をしるしたいものです。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
セリフを覚える
 前から述べている通り、このクラスは来年3月に公演を控えているため、指導する村上さんの言葉にもだんだん力が入ってきています。まさに、公演からのプレッシャーというのでしょうか。トレーナーとしては、もっと余裕を持ってエクササイズしたいものの、発表を控えている上ではなかなかそんな余裕は無い。ということでしょうか。トレーナーであり演出家であることの心理はなかなか複雑です。
 さて、村上さんが稽古で頻繁におっしゃるのは「セリフを覚えて!」ということです。参加されているみなさんもとても一生懸命セリフを覚えようとされているのですが、練習で台本を離してみると、たちどころに村上さんからダメが出ます。ダメのポイントは「自分のことばになっていない」ということです。典型的な日本型の練習はまずテーブル稽古で台本を読み合わせ、吟味する。それから徐々に立ち稽古に入って、セリフを覚えだんだん台本を離す。という流れです。セリフを「言葉」として覚えてしまう傾向があるのはそのためかもしれません、台本を存在や状況で読み解き、「そうしたシチュエーションを身体に落とす」というが、村上さんのいわれる「セリフを覚える」ということで、日本人の俳優がこだわってしまう、「セリフを一字一句間違えず」というのは、少し脇に置いておくというのがメソード式です。冷静に考えると、メソード式の方が演技にとっては合理的に思われます。しかし、「覚えて」と言われると、言葉を正確に覚えたくなるのが律儀な日本人なのかもしれません。
 こうした戸惑いや、認識の差を埋め合わせることがまずは練習のポイントとなりそうです。
 月組071112
 
Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
公演に向けて
11月に入りました。9月から始まったシニア劇団ですが、10月まではお試し期間ということで、タイプの違う2つのクラスどちらも受講可能にしてきましたが、11月からはクラスを選択して本格的に始動します。
 月曜日のクラスは3月に公演を予定しています。今まではテキストを使ったレッスンということでしたが、これからは上演台本をつかってのシーンづくりへと発展してゆきます。
稽古にも熱がはいります。さて、どのように仕上がってゆくか楽しみです。
月組071105
Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団月組 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TOP