50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 段階的に | main | 「老い」というモラトリアム。 >>

12月7日 村上クラス 担当:梶川


まずは恒例の劇団名選び。

みなさんもはや決めてしまいたいなと思いつつ、一人一票で絞り込んでみましたが、票が散らばりました。

第2希望を聞いてみても決まりきらず。

みなさんの意向を村上さんがリサーチして、絞り込みつつ良い名前を考えて次回の稽古で提案することになりました。

いよいよ来週決まるでしょうか。

どうであれ、年内には。

新しく入団されて方がいるので、簡単に名前を覚えるワークを。

久しぶりにやりましたが、以前よりテンポが良くなった気がします。

キャッチボールのワークをして、メインは先週に引き続き即興組み手でございます。

前回は総当たりでしたが、今回は2チームにわかれて1対3で。

3人を3周というのが、見ていてちょうどよく感じました。

3人の関連付けもされやすく、週ごとの展開も見やすい。

3人だと役柄ごとの関係の比較がしやすいのかもしれません。

そして、3周とはつまり序破急ですね。

9つのシーンで演じているキャラクターの人生が見えてくるように思います。

一つの気付きとしては、シーンの切り替え部分。

今のシーンに集中しすぎると、切り替え時を見逃してしまいます。

つまりは次の人が来ているのにシーンを続けてしまう。

シーンを演じな主観的な自分を持ちながら同時に周りを冷静に見ている客観的な自分を持つ。

具体的に周辺視野も使っておく。

キャラクター造形の方法について、みんなで試行錯誤しています。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:58 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/975
TOP