50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 老年期を考察する。 | main | 段階的に >>
難題に説得力を。

12月5日 銀宴 担当:梶川


休みを挟んでのシーンスタディです。

前回までは1幕の稽古をしていましたが、今日からは2幕を。

最後までの脚本が前回稽古の終わりに配布されていましたので、みなさん最後までお話を確認されています。

2幕の始まりは男女の二人芝居。

まさに男女のシーン。

銀宴には女性しかいないということは稽古としてのシーンスタディだからさておき。

周囲に隠れて恋愛関係にある二人のやり取りです。

ここには一つ難題があります。

作品内の設定としても、演技としても。

二人の年の差です。

女は男の幼稚園の時の先生。

幼稚園からの恋心なのかとか、だとして付き合ことになるのでしょうかと、見ている側からするといろいろ疑問符が浮かびますが。

難題をどのようにして、それならあり得るかというところまで演技を作れるか。

例えば、宝塚とか大衆演劇。

性別が違ってもそうなのだと堂々としていると、そういうことかと観客は了解していきます。

難題であろうと、要は如何に堂々としていられるかということかもしれません。

とにかくも細かいところを丁寧に演出を入れてシーンを創作しました。


Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 銀宴 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:30 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/974
TOP