50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 難題に説得力を。 | main | 3 >>
段階的に

127 空いろ 担当 土井

稽古の1時間前に集まり、皆さんで「劇団のロゴ製作」について話し合いました。沢さんのお知り合いに二、三試作して頂き、皆で選ぼうということになりました。

 

今日の発声練習は後で行うエチュードの「クラブorホストクラブ」の場面を想定、しかも女性はホストに、男性はホステスになるという設定で一言作り、声を出します。

 

次は上記のエチュードの2場面(家、クラブ)の「瞬間」を切り取ってみます。

一瞬のポーズで3人の関係や心情を表現します。人の配置、視線で多くの事が読み取れます。見ている方は、複数の人が登場する絵を読み解いているような感覚になります。

背中を向くと関係を絶っているように見えました。

クラブでは恋人同士ではなくビジネス上の接待に見えるようにするにはどうしたらいいでしょうか?お互いの緊張感でしょうか?場所もお店ということがわかる演出を考えます。

 

瞬間を切りとるワークが終わった後、前回言われたストーリーに肉付けをし、演じてみます。

Aは、Bの介護についてCに小言を言われた後、クラブに行き散財するまで、段階的に心情が変化していく様子を表現します。Aの気持ちが落ちるのも上がるのも、周りの人間の働きかけ次第です。今日発表できなかったチームは来週に。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | - | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:55 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/972
TOP