50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< リズムにあわせて | main | 即興組み手。 >>
心境の変化

1130 空いろ 担当 土井

先週のミーティングの後、ロゴ作成について情報や意見が出ました。今日は細見先生から改めて空いろ独自でできる事と劇研との関係で考えることの違いについて説明がありました。そして広報活動に当たる「ロゴ作り」について次週7日の12時からまた皆でミーティングをする事になりました。

 

今日のウォーミングアップでは、プラスチックの棒を2人の掌で支え、動きながら歩き、そして発声まで行いました。相手の力を掌に感じます。ですが木の棒と違い、プラスチックは曲がるので直接相手の力を感じるにはもの足りない。その微妙なところを感じて、お互いを思いやりましょう。

 

次に「2人で作業」を。

大きさのあるものは相手に合わせます。担架やシーツなどいい感じが出ました。2人で動くと、何かを一緒に持ったりせずとも、何処かで共通の認識が必要となります。「雪かき」のワークをしましたが、雪国育ちの私の思う雪は皆さんから見ると重すぎたようです。

 

次は3人のワークです。

Aが、ある2つの場所を回ります。ここには感情が伴い、移動による変化があります。

「刑務所」という設定はどうして表現したらよりわかりやすいでしょうか?

まだ囚われている人が正面向きに位置し、初めからそのように動いていたら?

10年ぶりに娑婆で食事する感動はいかがでしたか?

 

課題が出ました。これも3人でのワークです。

AはB(配偶者)を介護しています。Aの外出中にBの姉(兄)Cが来てAに寄り添っています。

外から帰ってきたAにCはAの介護について文句を言います。

Cの帰った後、Aはサイフを持ち高級クラブ(ホストクラブ)に行き豪遊します。

こわごわ店に入ってから散財するまでの心境の変化を演じましょう。残りの2人はホスト(ホステス)を演じます。来週までに考えて来てください。

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:09 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/970
TOP