50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 老人を演じる。 | main | 経験の抽斗 >>
ある職業

1123 空いろ 担当 土井

稽古前に集まりミーティング。旗揚げから3年が経ち自分達の劇団「空いろ」として広報活動等を考えようということから公演形態まで様々な意見が出ました。打上げでも出ていた「ロゴ」を作ることになりました。

 

先々週見学に来られていた方も団員として加わり、ウォーミングアップ開始です。

「アイコンタクト」ゲームは 二人ずつから三人へと。

3人目の人は目のあった2人が出た風に乗りすっと出ていきます。

発声練習では相手に質問を投げかけます。

「空いろの女性は意地悪ではないですか?」という新しい方の質問に

「意地悪ではないけど怖い人は時々います」と池ピーさん。

 

次は「場所を強化する」エチュード。

スーパーだった場所がカフェに変化したようです、手を洗ってレジカウンターに入る動作からでしょうか。2番目は会社の喫煙室です。

 

自分はある職業を持っていて、座っている相手にある事をさせたいと思っています。

その空間がどこかも表現し、架空の第三者を設定してもOK。

泥棒はスタートから身体が泥棒らしかったですね。

政治記者がインタビューする相手は?

美容院、霊媒師・・・ストールやレジ袋を上手く使って役の雰囲気を出します。

保育士、スタイリスト、消防士、警官、訪問介護士と続きました。

直ぐにその役に入り、年齢、性別、役割を表現します。

 

結婚前の2人と親、という先週のエチュードの続きですが、今回は両家が登場し4人登場です。

それぞれの思惑が交錯します。今回は政略結婚の設定です。

本人たちは破談を考えていますが相手の思惑がよくわからなくて自分の出方を遠慮していたように見えました。関係をキープして、ボールを渡すようにチームでストーリーを展開させます。

次回はある人物の二面性を表現します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:57 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/966
TOP