50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 思惑 | main | 老人を演じる。 >>
カラオケ考

2018年11月16日 村上クラス 担当:梶川

 

今日の稽古は久しぶりにゲームと座学でした。

最近の恒例でまずは劇団名の話し合いから。

なんとなく人気のある名前が見え始めていますが、ちょっとした発言で今まで話題に上がらなかった名前が突然人気になったり。

でもそれは一過性で来週になったらそうでもないかもしれませんよと村上さんから。

今月中休みの方もいますし、決定はもう少し先にして、ゆっくり考えていきましょう。

連想ゲームをして、マイムでキャッチボールをしました。

見えないボールが見えてくるように、まずは単純にマイムとしてのキャッチボールを練習して。

テンポよくキャッチボールができるようになったら、そこに言葉をのせてみる。

つまりはセリフのやり取りもテンポよくできるようにすることを目的にキャッチボールをしているわけです。

まさに会話のキャッチボール。

脚本稽古の前にカラオケについての座学。

カラオケルームという舞台設定は村上さんの中で好感触のようです。

今ある脚本をどう扱うかは考えるとしても、場所はカラオケルームになりそうです。

そこでカラオケルームについての話し合い。

最近のカラオケ事情について共通理解を深めた上で、課題はカラオケルームをカラオケ以外の目的で使うとしたらどう使うか。

その使い方が実際の作品にも反映できないかと考えています。

それこそ芝居の練習をしているシニア劇団員がいるかもしれません。

こもって脚本執筆をしているかもしれません。

新しいカラオケの形態としてカラオケトラック(移動カラオケ)というのもできるいかもね、カラオケのない田舎に行って、山の上でも歌えて、でもルームに閉じこもらんでもいいよねとと冷静な指摘。

脚本稽古もする予定でしたが、話が盛り上がり今日の稽古はカラオケの考察で終わりとなりました。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:34 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/964
TOP