50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 前のめりに空白の時間を味わう。 | main | 思惑 >>
キャラクター造形。

11月12日 星組 担当:梶川

 

今日の発声も一風変わったやり方が試されました。

五十音のあとに好きな言葉を言っていますが、この一言を自分が好きな人か嫌いな人になったつもりで発声します。

つまりは言葉もその人が言いそうなことになりますし、言い方も変わるでしょう。

素朴に嫌な人のキャラクターはおかしみがあって笑えます。

この流れで、今日はキャラクター造形についてのワーク。

紙に自分の役柄と相手の役柄とその相手に何かさせたいという目的の書かれています。

これを引いて自分の役柄を演じます。

相手役は最初は自分がどういう役か分からず舞台上で椅子に座っていますが、相手の演技からなんとなく関係性がわかればそれに答える形で演技を返していき、一緒にシーンを立ち上げます。

ポイントは相手をどう扱うか。

立ち話になりがちですが、目的を完遂するためにもできるだけ相手に対しての動きのあるアプローチを探っていきました。

キャラクター造形のワークの後、新課題の創作をしました。

劇的に一瞬で場所を変えることがポイントになる課題です。

今日のところは創作及び稽古と、例としての1チームのみ発表をしました。

課題内容の詳細は来週にまわすとして。

なんとなく、この課題も次回公演のため、つまりは本番用のシーン創作の一環ではないかと。

そうであればあまり詳しく書くとネタばれかしらとも感じつつ。

どうであれ次週です。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団星組 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 18:49 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/962
TOP