50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 「台本の読み方、向き合い方」 | main | 関係性からキャラクターを表現する >>
カラオケルーム。

2018年11月9日 村上クラス 担当:梶川

 

今日もまずは劇団名についての話し合い。

数字の劇団名は他にないのではというアイデアと音楽記号はどうかと。

いまのところで出ている候補で試しに気に入ったものに投票してみたり。

数字の劇団名という可能性について、どんな数字がいいかなど、宿題として考えてくることになりました。

脚本稽古です。

配役を変えて立ち稽古をしましたが、お話に慣れてきたからか、展開を理解したからかスムーズに進んでいくように感じました。

通し後、本番でこの作品をするなら、こんな舞台セットでという案が村上さんから提案があり。

場所はカラオケルームでお話しが進んでいきますがみなさんにとってカラオケルームというのがあまり馴染みがないということで。

カラオケルームの変遷などについての話し合いとなりました。

宿題としてどんな時にカラオケルームに行くかを考えてくることになりました。

話し合いの中でキャラクターの年齢のことから派生して、お話の年代設定をどうするかということも課題に。

現代2018年設定で書かれていますが、2000年くらいがいいのではないかと。

あと、個人的には立てこもる、引きこもるということがキーポイントの作品になりそうだと、稽古が終わった後にこっそり村上さんに作品に対するアイデアをぶつけてみたりして。

なんとなくですが、今の作品をもとにして本番用の脚本が出来上がってきそうな予感がします。

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:22 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/959
TOP