50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 劇団名と作品の終わり。 | main | セリフがないからこそ。 >>
スローモーションと冒険譚。

2018年10月22日 星組 担当:梶川


今日はなんと言ってもスローモーションのワークでしょう。

アップ中のお喋りで劇団員のお一人がヨガ歴20年という話が出て。

案外にヨガに詳しい方が多い。

これまでのアップもヨガですが、新しいポーズを追加できたらみたいな話になりました。


さて、スローモーションです。

いや、詳しく説明することもなく、ゆっくり動くということですが。

ただ注意するなら、ゆっくり動こうとすると動きを大きくしようとしてしまいがち。

体の端の方、手とか足とか、肘とか膝とかが普段より大きく動いてしまう。

ゆっくりするのは体の中央である。

腰とか背骨とか腹とか。

中央軸に人間の重心があるわけで、その重心位置が変わることで移動が生まれてくる。

ならば重心が今どこにあるかを確認し続け、その動きをゆっくりにする。

末端はその重心移動に合わせて勝手についていく。

要するに末端でスローモーションを作るのではなく、重心移動でゆっくり動こうということです。

劇的なシーンがスローモーションになるとさらに効果的。

実は前回の地獄八景のときにもスローモーションシーを作ろうとして稽古時間が足りなくて諦めたわけですが。

今回は早めから稽古しておこうということです。

創作している作品の中でもスローモーションシーンを取り入れることになりました。

というわけで逃げる作品、というか行きたいところに行く作品の創作と発表が始まりました。

つまりは冒険譚ですね。

月に行ったり温泉に行ったり、様々です。

さて、皆さんはどこに行きたいでしょう。

希望の地までの冒険譚。

以前の詩も生まれ変わって冒険したいということで。

次回作品はそういうことでしょうかね。




Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団星組 | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 11:29 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/951
TOP