50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< やりたいことならやれる。 | main | スローモーションと冒険譚。 >>
劇団名と作品の終わり。

10月19日 村上クラス 担当:梶川

 

はい、村上クラスです。

ずっと村上クラスとしていますが、そろそろ劇団名を決めていこうと。

いつもは柔軟体操をまわしながらまねていくというのをしていますが、今日からは各自で柔軟しながら話し合い。

劇団名の候補を出していきます。

それをホワイトボードに書いていき。

 

 

アトリエ劇研シニア劇団○○○○と冠からの○○○○のところのアイデア出し。

予告なくの始まりだったのであまり出てきませんでしたが、来週またさらにアイデアを募ります。

しばらくはいろいろ候補を出して、誰かの一番ではなく、みんなの三番希望くらいになるような感じでまとめていければということでした。

飛びぬけた感じよりは、親しみやすい愛着の持てる名前を探しましょうと。

 

さっそくの脚本稽古です。

今日は役柄をシャッフルして。

作品の印象が変わります。

段取りも変わるので、先週の立ち位置も曖昧になります。

自然発生的にじゃあみんなどう動こうか、どんなタイミングならどんな動機なら動けるかという話し合いになり。

役者間で決めていけるこの感じがとても大切だと感じます。

先週のうちに書かれている部分以降に何が起きるかのプロットが書かれた紙が配られていました。

そのプロットをもとに即興で続きのシーンを演じていきました。

この即興から作品を組み立てて。

終わりが見えてきました。

村上クラスの最初の作品です。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:08 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/950
TOP