50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< やれないこと、やること。 | main | 飛んで逃げる。 >>
やってみて、楽しむ。

2018年10月12日 村上クラス 担当:梶川

 

立ち稽古が始まりました。

舞台の設定はカラオケルームです。

今回も前回の銀宴のブログの話題を引き続きという感じになりそうですが。

今日のテーマは立ち位置ということだった気がします。

つまりは席を移動できるタイミングがあればできるだけ動くと。

理屈で考えるとカラオケルームって座って歌うか、まあ盛り上がる曲で踊り狂うか。

とにかくあまり席移動というのがしにくいよな、というのがあります。

ありますがそこでいかに動くのか。

会話劇で日常に寄り添ってとしますが、寄り添いますがあくまで劇です。

日常だってですが、何かが起こる可能性も起こらない可能性も100%ではありません。

絶対なんてありませんということで。

動こうと思えばいくらでも動けます。

最初は難しくて「あ、今動けたのに逃したな」ってところが動きを探すと思っていれば見つかります。

例えば演じるとはそういうことです。

お休みがいたので、私も代役で入って。

脚本に大きな声を出すというト書きがあったので大きな声を出しました。

自分では出る可能性のある範囲での大きな声(もっと出せと言われればまだ出るな、演出家の要望があるかもしれんから、それは引出しにまでしまっておこうという思いがある)でしたが、周りの役者さんはあまりの声の大きさに驚いていて。

大きな声と書かれているから、自分のやれる大きな声を出す。

例えば演じるとはそういうことです。

立ち位置を変えることも、声を出すことも簡単なことです。

まずはやってみて楽しいかどうか。

大きな声を出してみんなをびっくりさせるのは、なかなか楽しかったです。

この楽しむという感覚、役者にとって強ち侮れないものな気がします。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:51 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/948
TOP