50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 胸を張って立つ。 | main | やってみて、楽しむ。 >>
やれないこと、やること。

10月10日 銀宴 担当:梶川

 

会話劇の脚本稽古が続いています。

稽古をする中で田辺さんから、図らずも先週の村上クラスで課題になっていたことの答えが語られたように感じました。

村上クラスでの課題は役柄の背景や関係を舞台上でどう演じるか。

会話劇の稽古を続けてきた銀宴での答えを端的に言うと舞台にそれらは持ち込まない。

脚本には限られたことしか書かれていません。

その時に役柄から発せられた言葉とそれに対しての相手の言葉、つまりはセリフ。

それとちょっとした動きの指定や「間」とか、つまりはト書き。

あとはタイトルと役柄の名前と簡単な説明。

小説のように地の分がないので、小説以上に行間を読み込んでいく、想像していくということになるのですが。

事前に脚本を読み込んでいろいろ考えて決めていくことは悪いことではありません。

作品が深まっていくと感じます。

ただ大切なことがひとつ。

どれだけ私はこの脚本を、この役柄を、このシーンでの感情を、設定や背景をと語ったところで演出に「それいいですね、わかりました。やってみせてください。」と言われたら。

役者は実演ができるかどうかを問われます。

これは村上クラスのブログでも同じことを言っていますが。

これは持論ですが、もっと言ってしまうと役者が脚本内容や役柄や感情や背景のことを考える必要はないと思っています(あくまで私は)。

そんなことは演出家や脚本家や、なんならお客さんに任せれば良いと。

なんなら演出に答えを聞けばいい。

それこそ演出とのコミュニケーションだし、なんなら答えを聞かなくとも演技に対して何かしらコメントしてきます。

というかコメントがなければ、それがとりあえずはそれが正解です。

話がそれた気がするので戻すとして、背景や関係を問わないとして、では役者は何をするか。

やれることをします。

やれないことはやれません。

ただやれることは何でもします。

でもやれないと思っていることが本当にやれないのかは疑います。

論理的にとか、常識的にとかでやれなくなっていることもあるかもしれません。

しかし、会話劇です。

日常会話を論理的に常識的に話しているかというと、果たしてそうでしょうか。

思いもよらなかった反応が返ってくることはよくありますし、だからこそ人と会話するのが楽しいわけで。

突飛で奇抜なことをしましょうと言っているのはありません。

この世に不思議なことはありません。

なんでも起こる可能性があります。

だから役者はとにかく何でもやってみせるのです。

どんなにありえない馬鹿げたことでも、やってみると本当になります。

あとは演出家が選びます。

あらゆるやれることをする。

翻って役者にはやれない理由はいらない。

事前に考えたことがあるとして、それよりも舞台で実際にやることが重要。

ならば舞台上では事前のことは横に置くなり忘れるなりして、実際に起こっていることや、いま自分がやっていることに注力していこうよということになります。

ただ、やるのです。

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 銀宴 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:47 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/946
TOP