50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 会話劇とは会話することではなく。 | main | やれないこと、やること。 >>
胸を張って立つ。

10月8日 星組 担当:梶川

 

祝日ですが、稽古をしています。

前回の稽古で課題として出された詩の創作から、作品としての創作に移ります。

宿題としての詩の創作をしたわけですが、その詩に書かれている内容をシーンとして立ち上げます。

少し前に好きな場所や嫌いな場所を言って、その場所をみんなで立ち上げるというワークをしましたが、その類型としてのシーン作りです。

詩の内容に即して場所や登場人物を立ち上げます。

しかし一番大切なワークは、いかに詩を届けるか。

星組の発声では四つのフォーカスを練習します。

自分、相手、客席、劇場の外という四つ。

細見さん曰く、星組のみなさんは相手にむけてのフォーカスで演技をするのは得意とのこと。

今回の詩のワークでは客席フォーカスの演技に焦点をあてます。

胸を張って舞台に立つワークと言ってもいいかもしれません。

そのためにも詩を覚えてくださいと。

詩の書かれている紙を持ちながらだと、視線が下がって胸が張れなくなるので。

堂々とした立ち様を。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団星組 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:55 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/945
TOP