50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 誰に話しているか。思い出す。小道具で物語る。 | main | 話題が変わる、リズムが変わる >>
客席に開く身体

921 空いろ 担当 土井

午前中は男性の場面、午後は全員で今日は西部での最後の稽古です。

メリハリ、テンポをつける為の変更点がいくつかありました。

 

冒頭、電車から押されて出る感じが出にくい後列の人達だけで稽古します。満員電車に乗り込んだ丸山の身体の向きを変えると、絡みの乗客の存在が分かりやすくなりました。

椅子に座ったままの乗客、という設定も加わります。

早歩きは逆走する事でより混雑した慌ただしい感じが出てきました。

 

会社、台詞の無い部分で会社員達のちょっとした視線が追加されます。

1からラウンジの転換を効率よく変更。

ラウンジはもっともっと盛り上がるようにどこまでも行きましょうか。

2の「出」を印象づけます。格闘というか追っかけあいもよりリアルに。

途中下車の乗客にも設定が加わります。

 

特急列車の転換をよりスムーズに決めます。

ラストの動きとそれによる隊形がまた変更しました。どんどん、行きましょう!より良いものを目指して、本番まで試行錯誤です!「客席に開いた身体」を今回目指します。

 

1450分より通しを始め、16時7分に終わりました。

稽古後も自主稽古は続きます。月曜日も自主稽古をされるとのこと。体調管理よろしくです。

さあ、本番を思いきり楽しみましょう!

 

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 18:46 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/939
TOP