50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< テンポよく! | main | 誰に話しているか。思い出す。小道具で物語る。 >>
物語にポイントを打つ。

9月19日 銀宴 担当:梶川

 

田辺さんの公演があり一週お休みを挟んでの稽古になります。

前回は新聞を使ってのシーン創作でしたが、今週からは脚本を使っての稽古です。

おなじみです。

最初は読み合わせで物語の内容を確認して立ち稽古。

書かれた物語には話題の塊があると。

展開するポイントというか区切りというか。

例えば人の出入りがあると区切りがつきます。

立ち稽古をしながらその区切りを探っていきます。

要は脚本解釈の作業です。

銀宴は役者である前に演出家としての創作に入るのが特徴なのだなと再確認しています。

今日はまず紹介という感じで。

本格的な稽古は来週からかなと言う感じでした。

本番作品を作るような意気込みで創作していきましょう。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 銀宴 | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 14:59 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/938
TOP