50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 対話、対話、対話。 | main | 物語にポイントを打つ。 >>
テンポよく!

917 空いろ 担当 土井

今日も人間座で稽古です。

袖幕、大黒幕がつき、より舞台は本番に近づきました。舞台監督さんの舞台説明から稽古が始まりました。

発声練習は「役で一言」を。女性はいくつかの役を持っている方が多いですが、どの役を選んだでしょうか?

 

抜き稽古はラストシーンの変更から。集まる、拡散するイメージです。様々なプランを試してどんどん進化します。そしてエピローグ場面の初めからラストまでを稽古。

 

次は冒頭から次の場面までを。完全に暗転する中での段取りを決めます。

 

ラウンジの前から転換を。椅子のどこにバミリを合わすか情報を共有しましょう。小川を踊りに誘う時は頭がおかしく見えるくらいの派手な動きで。

 

そこから家2への転換。

その世界に客を巻き込みます。音楽に負けないテンションで。言葉ははっきりと言いましょう。

 

1447分から通し1610分に終わりました。

出が遅れるのは勿論困りますが、早く袖口にスタンバイし退場や転換の登場をじゃましないように気をつけて下さい。自分だけではなく、全体を考えましょう。待機する場所もそうです。

 

これまで指摘された事は改善されてはいるけれど充分ではないようです。

冒頭で乗客になりきっていない人もいて動きがバラバラ、アクティブな場面でのテンションが足りない、テンポに遅れる人がいる、言葉が聞き取れない、などなど。

でも確実に良くなっています。いま一度台詞と全体の流れを確認しましょう。

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 18:54 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/937
TOP