50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 時事ネタ創作。 | main | どんどん進化しています >>
会話解体新書。

2018年9月7日 村上クラス 担当:梶川

 

今日の講師は男肉ドソレイユの高阪さんです。

村上さんの芝居に出演されたり、東山青少年活動センター企画のビギナーズユニットで村上さん演出の時に演出補をされていたとのこと。

稽古の時に例えばという感じでちょっとした演技をされるわけですが、なんとなく村上さんが好きそうな演技なんだろうなというのがよくわかりました。

例示されたちょっとした演技を記憶に留めておきたいものだと思いました。

さておき、稽古は前回渡された脚本を使っていかに書かれたセリフをおしゃべりのやり取りにしていくかということがテーマでした。

脚本を持っているので難しいですが、それでも相手を見ながらセリフを言う。

普段の会話を自分なりに分析して、どんな風に発話が起こってきているかを考える。

少なくとも相手がしゃべりきって無意味に一拍おいてから(意味があって考えたり思い出したりで一拍置くことはあります)話し始めてはいないはずだ。

人はおしゃべりをする時に言葉を発することをしながらも相手の反応を伺っていたり、相手が話をしているときも聞くということで自分の中で発話が生まれています。

相手のおしゃべりの中で興味のあることが出てきてしゃべりたくなったら、その時点で発話の準備は終わっています。

あとは関係性によって相手の話終わりを待つか待たないかはありますが間髪入れずおしゃべりは続いていきます。

実は会話を主にした演技というのはセリフをしゃべっているときは(語弊はありますが)比較的どうでもよくて、しゃべっている相手をどう聞くか、どんな体の状態でどんな反応ができるかが面白さにつながります。

稽古終わりのまとめで会話劇なんてできるかしらという方もいましたが、大丈夫です。

だって普段会話ができているのですから。

人がどんな風に会話しているのか。

生活の中で少し俯瞰して自分の会話や周りの会話を聞いてみるのも面白いかもしれません。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:01 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/933
TOP