50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< メリハリをつける | main | プレ脚本配布!! >>
久しぶりの人。

8月27日 星組 担当:梶川

 

老いらくの恋の最後の練習と発表をしました。

結婚できない理由がさまざま出てきました。

ファンタジーな理由から現実的な理由から。

とても興味深かったです。

一区切りして、残り時間は次回からの創作に向けてのワークになりました。

喫茶店に友達と入ります。

注文を終えて楽しくしゃべっていると、横合いから「久しぶり」と声をかけられます。

その人は例えば以前に自分をリストラした人だったり、告白をしてふられた人だったり。

連絡先を渡されて、その相手を見送ります。

友達から「誰、知り合い?」と問いかけられますが詳しくは話せません。

というワークです。

声をかけてくる相手がどんな人なのかが書かれた紙を事前にひいています。

その相手だということで出てくる態度や反応を探ることがポイントです。

また要素として、その相手を知らない第三者としての友達の存在があります。

久しぶりの相手と自分だけのやり取りならば感情を前に出すという選択もできますが、第三者の存在ゆえにある程度の抑制をかけた態度となります。

声をかけられたとき、連絡先を渡されるとき、友達から誰?と聞かれるとき。

事前にそれが行われることは分かっていますが、その時に反応するということもポイントになります。

声をかける側は自分がどんな相手とされているかはわかりません。

それ故に声をかけられた側の態度と落差が生まれ興味深いやり取りが生まれました。

微細な即興ワークでしたがとても面白かったです。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団星組 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:35 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/928
TOP