50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 音楽と人生 その2 | main | 久しぶりの人。 >>
メリハリをつける

824 空いろ 担当 土井

20日月曜日に、音響さん、照明さんをお招きして人間座で稽古をしました。今日は男性だけの稽古の予定でしたが全体練習に変更です。

人間座では、先週確認した衣装を着け、本番通りに通し稽古。早変わりの多い芝居です。舞台袖に表を用意された方、役毎の袋を作って衣装を入れている方等、皆さんそれぞれ自分のやり方で通し稽古に備えていらっしゃいます。おかげで着替えで時間を取ることはなかったですね。

 

歩くシーンが多いので、今日は歩く稽古から始まりました。今日も通し稽古までに幾つかの場面の抜き稽古を。

まず冒頭の場面。これから何が起こるか?何が起こるか?というお客様のワクワク感を盛り上げたいところ。ここでは「丸山の世界」を際立たせる為、周りの動きが大きなポイントになります。丸山が自分の中に入る時間と、乗客として皆の中にいる時間のスイッチの切り替えを際立たせたいのです。メリハリをつけましょう。

最初の回想シーンでは高校生達の登場口が代わりました。今度の方がシンプルでインパクトがあります。

ラウンジシーンでは、小川の動きに追加がありました。

山の場面では、曽根の最初の動きにも追加がありました。 

そして、ラストシーンに全体の動きが追加しました。これが決まりではなく、より効果的なものを追及していきます。今日も通した後、ダメ出し。そして質問、鯉を見る時の二人の視線の先に一匹の鯉が見えるか?という心配。これは社員達が見つめる壁にかかった時計も同様ですが、鯉は動くので範囲の広がりを持って見ることになるでしょうか。履物が脱げたりする心配の質問もありました。そういえば、今日の通しの時、舞台にバッグが落ちていました。留め具がはずれたのでしょうか。実際に使って動いてみてわかることも多いのです。来週5週目金曜日も西部いきセンにて、男性11時、全員で13時からお稽古です。

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:27 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/927
TOP