50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 情報をちゃんと伝える | main | メリハリをつける >>
音楽と人生 その2

2018年8月24日 村上クラス 担当:梶川

 

前回の宿題だった人生をいろどる音楽を一人ずつ発表していきました。

介護施設の心理療法のひとつでグループ回想法というのがあります。

昔の道具や写真を持って来たり、テーマを決めて思い出話を語ったり聞いたりしてグループで盛り上がっておしゃべりをする方法です。

思い出を呼び覚ますことが脳の記憶をつかさどる部分を刺激し認知症の予防になったり、自分の人生を振り返り他人に承認されたり新たな価値を見出すことで自己肯定感を高めることが期待されます。

音楽をテーマにグループ回想法をおこなっているようだなと、傍から見ていて感じました。

とても和やかな座談会という感じです。

とはいっても、単に思い出話を語り合って楽しんでいるわけではありません。

この座談会は本番作品の創作のためのリサーチなのです。

音楽から導き出されたエピソードを盛り込んでシーンを生み出すことを目指しています。

思い出の話を聞くことでその人の人となりが伝わってきたりします。

ということはその人となりの感じが作品のキャラクター創作にも役立っていくように思います。

もちろん語られたエピソードも魅力的です。

ポイントは時系列に並べられているということ。

その人の人生の順番はつまり成長につながっているわけで。

その時に選ばれた音楽の感じが、その時の成長段階をも表しているのかもしれません。

キャラクターが成長していくということは、物語を作るうえで大事な要素になります。

思い出話を語ることは、案外に楽しくてあっという間に時間が過ぎます。

まだ語っていない方もいるわけで。

来週も続きそうです。

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:33 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/926
TOP