50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 音楽と人生。 | main | 音楽と人生 その2 >>
情報をちゃんと伝える

817 空いろ 担当 土井

午前中は男性のみの稽古、13時からは衣装合わせ、13時半から、冒頭電車場面の立ち位置確認、各場面の転換をおさらい、途中下車の丸山と乗客の動き、ラストの並びを確認する抜き稽古のあと、14時40分から通しました。17時ちょっと前に終了。

今日は細見先生のお母様が通しを見に来られました。

通しの後のダメ出しより。

声を対象に確実に当てる事。掛けている言葉が相手を通り越しているようです。台詞はホールの隅まで聞こえなければいけないけれど、声をかけているのは相手で・・・。難しいですね。

それから、台詞にはお客様に知ってもらいたい「情報」がいくつも散りばめられています。それをしっかりと伝えましょう。言葉をきっちりと発音し、早口にならず、周りの騒然さに情報がかき消されないように心掛けます。私達は何と言っているのか知っていますが、お客様は初めて聞くことなのです。

 

まだまだ「決まりを守る」ことで精一杯ですが、芝居の中にお客様が引き込まれるよう、自信を持って「こうなんですよ」と表現できるようになりたいもの。そのためにはまずは台詞が身体に染み込んでくることですね。

自信を持って客を引っ張れるようになるまで、がんばりましょう。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 18:19 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/925
TOP