50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 人間座で通し稽古をするということ | main | 音楽と人生。 >>
検証 仮面の演技

2018年8月13日 星組 担当:梶川

 

今日はお盆です。

お休みが多くていつもの半分。

人数が少ないことは予想できていたので、特別なワークを細見さんが準備されてきました。

仮面を使ったワークをしました。

 

ある特徴が書かれている紙を引いてそのキャラクターを演じます。

例えば色気があるとか自信に満ち溢れているとか。

登場から退場まで無言で一人で演じます。

仮面ありとなしで同じ特徴を演じます。

より動きが大きくなったり、特徴がシンプルに表れたり、観客に対しての緊張感が弱まったり。

やってる感覚も見え方も少し変化しました。

次は関係性を取り扱います。

相手に対して怒っているとかからかっているということが書かれた紙を引いて、二人で一手ずつアクションを出してやり取りをしていきます。

仮面を被るということは、単純に顔が見えなくなるということ。

顔が見えないということは

表情が見えないということです。

しかしそのことで、より他の動きが見えてくるように感じます。

動きが見えやすいということは関係も見えやすいということでしょう。

やっている側としては課題のことをやることに集中しているので大して感覚は変わらないと。

予想として自意識との関連があるだろうとのこと。

仮面を被って閉ざされることによって逆に開放されると。

細見さんいわく若い人にワークするとそういうことがよくあると。

皆さんにはあまり関係ないようで。

羞耻心がまぎれるということはあったようです。

 

後半は老いらくの恋の創作と発表でした。

少人数で濃密な稽古でした。

次回は再来週です。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団星組 | 17:14 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:14 | - | - | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/08/14 12:39 PM |










この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/923
TOP