50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 照明さんの前で通しです! | main | 検証 赤いスイートピー >>
恋愛関係を描く。

2018年8月6日 星組担当:梶川

 

今日は創作の前に久しぶりにワークをしました。

創作をする中で、物語の設定を作ることに重きが置かれて恋愛関係の話のはずがその関係性が見えにくいということが

ありました。

関係を表現するためのワークをウォームアップとしておこないました。

 

舞台には椅子に座ったB。

誰かとの待ち合わせのよう。

Aが登場する。

 

A 待った?

B ううん。

A じゃ、行く?

B うん。

A 一言自由に

B 一言自由に

 

二人組で紙を引いて、そこに書かれている関係を演じます。

例えば80代の夫婦とか。

雰囲気を作ることに注力したいわけですが、目線をどうするかやどんな動きをするかが重要になります。

そういった関係性のことを念頭に置いて創作に入ります。

課題脚本は55歳の介護職員が結婚を申し込まれるがためらっているシーン1とそのためらっている事情を描くシーン2からなります。

シーン1での恋愛関係を描きつつ、それであってもためらわざる得ないシーン2があるわけで。

結婚したいという気持ちと、できない状況と。

内側の思いと外側の事情の間で介護士は揺れ動いています。

つまりは葛藤が生まれています。

関係が作れ、物語としての状況ができたなら次はこの葛藤が見えてきたいということでした。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | - | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:51 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/920
TOP