50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 息を合わせる | main | 自分の役で台詞を考える >>
これからの星組、これからの課題。

7月23日 星組 担当:梶川

 

今日はまずは創作稽古に入る前に次回公演に向けてのアンケート用紙を配りました。

去年の8月でアトリエ劇研が閉館し、前回公演は演フェスに参加しました。

今年の公演はどうするのか。

もう一度演フェスにリベンジるるのか、単独で公演するのか。

どれくらいの規模でどれくらいの回数したいのか。

そして今後、どんな風に星組で何がしたいかなど、今後の活動について思うことを自由に聞かせていただければと。

実は次回公演が10回目となる星組。

ちょっとしたアニバーサリーです。

公演活動は粛々と行っていきますが。

このアンケートをきっかけにして、星組の未来図を描けたらと思います。

老人ホームの創作発表を今日で終わらせ、老いらくの恋の創作となりました。

求婚されている役柄がいるが、どうしても受け止めることができないというシーン1。

その受け止めることのできない理由がわかるシーン2。

今日の理由は義父母の介護でした。

義理の両親というところがミソですね。

義理であるのだからと言いつつも、そういうわけにもいかないと。

前回の老人ホームの流れだと対立するシーンを何も考えず創作したあと、ではその関係を和解させてくださいとなったわけで。

勘ぐるなら、この拒否している求婚を何かの事件で受け入れることになるシーンを創作してくださいと次に課題がくるのではと山を張りますが。

どうでしょうか。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団星組 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:30 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/914
TOP