50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 役柄の緊急性。 | main | これからの星組、これからの課題。 >>
息を合わせる

720 空いろ 担当 土井

月曜日の人間座の稽古で、客席がとても近いことを実感しました。役者の息遣いがもろに観客に伝わります。皆の息を合わせる事がとても大切になります。場面が変わった瞬間、登場する役者が長年そこにいた、働いていたように見せたいのです。キビキビ、ピリピリした会社の空気は、転換のセッテイングの時から始まります。その場面に飛び込むジャンプ力が必要です。これは、ラウンジに入る時もそうです。パッと衣装を着替えて印象が変わるように、キャラクターのチャンネルを切り替えます。

そこで相手役とどう関わるか?お互いのテンションはどのくらいか?相手をよく感じて動きます。ところどころ、少しですが台詞が追加されています。動きはよりリアルを求めてどんどん変化しています。はっとさせられるのは、ちゃんと相手の言葉や動作をとらえてリアクションした時ですね。

自主稽古の中で細かな事を発見し、動きを考え、芝居が膨らんでいます。楽しみです。

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:53 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/913
TOP