50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 瞬時に変わる | main | 役柄の緊急性。 >>
人間座にて転換の感覚を掴む

717 空いろ 担当 土井

今日は舞台監督さんを迎えて、13時半から16時半まで全員で人間座での稽古です。細かな演技の事よりも、実際の舞台で、早変わりや転換を体験し、感覚を掴むことが今日の目的です。転換の担当となり、出はけの順が変わる必要も生まれてきました。置き道具も自分で確保し舞台に登場させなくてはいけません、その上で早変わりをするのです。今日は一気にやらなければならないことが増えました。増えたというよりは、はっきりしたという方が正確です。

前回の人間座では男性だけの場面を稽古しましたが、今回女性は初めて、男性が多く登場する場面の道具やセットを見て「あー、そうなっているのか」と理解された事と思います。

今回衣装を変えた方は少なかったようですが、次回にはスムーズに転換がいった上で早変わりの稽古もしたいもの。普段稽古しているいきセンの会議室では狭くて小道具や衣装を袖に置くことが難しいですが、なんとか小道具程度はおいて稽古できないものかと思います。自分がどこでどの位のスピードで着替えなくてはならないかも、人の稽古をみながらイメージしましょうか。

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 18:03 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/911
TOP