50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 歌の効用。 | main | 話し合いを短くする方法。 >>
電車で急ぐ人になりきる

629 空いろ 担当 土井

今日は舞台監督さんをお迎えしました。今日も11時から男性(その間家族役の女性陣は自主練)13時から16時まで全員で稽古です。

まず、台本変更した山中の池の場面から始まり、エピローグシーンを。ラストの電車の中はそれまでとは雰囲気が違います。主人公の心の中を映しているかのように。

 

休憩後冒頭のシーンから止め稽古。今日は特急列車の場面まで進みました。

 

今日の電車には全員カバンを持って乗りました。実際殆どの人がカバンを持って電車に乗っています。急ぐ人達は、舞台を横断する時にもう素にかえってしまいます。急いでいる自分を思い出したり、いえいえ遠慮なく、もっとマナー悪く人を押しのけたりする人にもなって下さい。音をしっかり聞いて。

 

回想シーン、実際の歳を感じさせない為には止まらず動き回る事でしょうか?ご心配なく、皆さん高校生に見えます。乱暴な台詞の反動で今日はお上品言葉ごっこが流行ってましたっけ?

 

腑に合わない部分が徐々に解決して来ています。台詞の流れも、その言葉が自然に出て来るように変化しています。芝居は進んでいるのですがところどころ飛ばされた台詞がいくつかありました。今一度台本をよく読んで、身につけたいものです。

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 18:24 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/905
TOP