50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 心地よい不安。 | main | 場面にメリハリをつける >>
演劇観の共有。

6月15日 村上クラス 担当:梶川


今日の稽古でも脚本が配られました。

と思ったら、脚本ではありませんでした。

脚本の体裁を取りながら、村上さんの演劇観が語られている資料でした。

どういうことかというと、登場人物は村上さんと村上さんの劇団の団員さんで、インタビュー形式で演劇について語っていくといもの。

これを脚本の読み合わせの要領で読んでみんなで共有していきます。

演劇観を稽古を通して口頭で伝えられることはあっても、文字で目にすることはなかなかなくて。

これは新鮮な体験でした。

口頭だと記憶が頼りですから失われることもありますし、メモをしてもその人によって取り方が様々です。

文字なら振り返ることもでき、また口語で書かれているので内容も入ってきやすいです。

書かれている内容について質疑応答をしてさらに理解を深めて共有しました。

後半はセリフのスケッチの創作です。

前回よりも長く創作していて、シーンが銃実してきています。

来週あたり発表でしょうか。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:57 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/902
TOP