50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< どう聞くか | main | 歌の効用。 >>
聞かなくてもいいセリフ、聞かなくてはならないセリフ

6月22日 村上クラス 担当 飯坂

 

まずはストレッチ(自分が伸ばしたいところを伸ばす体操をみんなでシェアするというおもしろいものです!)、そして頭を柔らかくするための連想ゲームから始まりました。

 

そして次は、村上さんが書いてきた台本『予言者』をチームに分かれて読んでみました。

占いを信じている女と信じていない女のお話です。

この台本の難しい所は、二人の立場が全く違うところ、そして「30秒後に〇〇をする」「1分後に○○が起こる」と予言され、「30、29、28…」とどんどん時間が減っていくところです。

信じている方は相手を信じさせたいし、信じていない方は信じたくない。

30秒後に本当にそんなことが起きるのか?起きたら信じてしまいそう…と、心の揺れ動きがとてもおもしろく、難しいのです。

 

会話を成立させるためには、「聞かなくてもいい相手のセリフ(聞かなくても言える自分のセリフ)」と「聞かなくてはならない相手のセリフ(聞かなくては言えない自分のセリフ)」を見分ける必要がある、と、台本に線を引いて、みんなで考えてみました。

整理してから台本を読んでみると、信じさせたい強さ、信じたくない恐怖、予言されてからのパニックっぷりがとてもよく見えてきました。

 

最後は「スケッチ」というワークをしました。

日常で聞こえた短い会話を覚えてきて、その会話を全く違うシチュエーションに当てはめてみて、短いお話をつくるというものです。

スーパーで聞こえた女子高生の会話を、ゆるキャラとのふれあいの場に当てはめてみたり、地域のサークルで聞こえた会話を幼稚園の先生の会話に変えてみたり、とてもおもしろいものでした。

 

みんなで活発に意見を交わして創作していたのがとても印象的でした。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:38 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/899
TOP