50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 満員電車の中のリアル | main | 雨降りの稽古。 >>
老人ホームを演じる。

2018年6月4日 星組 担当:梶川


老人ホームを舞台にしての入所者さん同士が対立するというシーンの創作をしています。

モノローグの稽古も並行して。

みなさん様々な対立するトラブルを考え出して発表されていきます。

そのトラブルのアイデア自体も興味深く面白いです、ともにみなさんの演じる老人ホームの入所者さんが魅力的です。

特に老人を演じようということがあるわけではないのですが、しっかり老人に見えてくる。

例えば口をずっとパクパクして座っているというのが、なんとも言えずそれらしく見えてくる。

何を言うかとかその言い方とかは普通で喋っていても、ふとし行動で老人に見えてくるわけです。

その行動を探していくというのも面白いかもしれません。

だいたいみなさんが対立のシーンを作り終えまして、細見さんから続きのシーンの創作課題が。

対立した入所者の関係を変化させる、和解させる事件を考える。

そしてシーンの中で歌を歌うこと。

和解することを想定していると対立が弱くなります。

なので、現段階では和解しなさそうな関係の入所者になっています。

さて、どうやって和解させるのか。

来週まで宿題です。

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | シニア劇団星組 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:29 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/893
TOP