50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< プロットの作り方。 | main | 老人ホームを演じる。 >>
満員電車の中のリアル

61 空いろ 担当 土井

先週の人間座での稽古で、流れが掴めたでしょうか?今日は最初の場面から細かく詰めていきます。音と合わせて、動きにも細かい指示が出ます。道具の配置なども試行錯誤しながら前回と変えてやってみます。場面が全く違う環境にドンドンと変化するので、その流れと順番を頭に入れなくては、と痛感します。

 

満員電車に乗り込む乗客のリアルな身体の状態を再現しましょう。皆さん、最近は電車に乗るたび芝居の事が思い浮かんでくるのではないでしょうか。京都では満員電車に乗ることが少ないかもしれませんが。揺れたり止まったり動いたりする電車に身体を合わせるだけでなく、1乗客の台詞や動きに対するリアクションもあります。それが芝居でありつつリアルに行う事の難しさ。名前のない乗客達ですが、それぞれにキャラクターがある事がわかります。そしてまた、「満員電車」というひとつのキャラクターを全員で作っているわけでもあります。

 

回想シーン1は「掃除の時間」で行うことになりました。基本練習の時にとても印象的な「中学生の掃除時間」がありました。中学生をとても自然に演じていました。

 

例えばお葬式帰りの乗客・・・等、いろいろな役をすると思いますが、登場した時から、そのキャラクターがはっきりわかるようにもなるにはどうしたらいいか、今回も考えて来て下さいね。先週に比べ、自分達で細部等いろいろ考えてこられているのがわかります。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:56 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/891
TOP