50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 自分と他者。 | main | プロットの作り方。 >>
孤独という贅沢。

2018年5月30日 銀宴 担当:梶川


脚本が離れ始めました。

シーン稽古と通し稽古を繰り返しての創作を続けています。

だんだんと演技についての探求に向かい始めてきています。

やり取りが日常と同じようなことになっているか、そんなことにこだわっていくわけです。

日常とはどんなものだろうと周りを眺めるなら、もはややり取り自体が求められていないように感じます。

スマフォを見たり、イヤホンで耳をふさいだり。

やり取りをしたところでどこか不自然さを感じてしまうのは私だけでしょうか。

話はそれて、昔は音読しかできなくてある時期に黙読がされるようになった時に周りから奇異に見られたという話があります。

なんだかスマフォと黙読に共通点を見出します。

全体から個に向かってきたのではないか。

孤独になることは贅沢なことなのではないか。

そして便利なものが増えて、贅沢な孤独を手にできるようになった。

それ故に日常のやり取りが不自然に感じられるようになってくる。

日常のやりとりと言ってみたところで、それはどういったものなのか。

話として筋が通っていないし印象でしかありませんが。

もう少し考察していきたいところですが。

だとして、なんとなくひととの繋がりみたいなことは今作にも扱われている気がします。

稽古を見ながらそんなことも考えていけたらと思います。








Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 銀宴 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:36 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/890
TOP