50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< パズルを分析した上で。 | main | 人間座にて >>
どう見られているか。

2018年5月25日 村上クラス 担当:梶川


今日は少人数での稽古となりました。

というわけで人数が少ないからこその稽古というわけで、エチュードをしました。

まずは皆さん紙を三枚程度配られて、10年後の自分への一言を書いていきます。

その後状況と関係性を決めてペアで即興をしてシーンを演じていきます。

足元には先程書いた紙が放ってあります。

シーンを演じていき煮詰まったり新たな展開をしたい場合に紙を拾い書いてある一言をセリフとして発します。

紙を開いたらすぐにそのセリフを言って、相手役は反射で応答してシーンやセリフを成立させます。

他のワークでもそうですが、演技をしていく上で反射能力が高いことは大切です。

またペアを見てどのような二人か関係を想像していきます。

他人からどのように見えているのかを知り、それをしようとすることが大切です。

それこそが演技ということかもしれません。

他人からは思いもよらない風に見られているかもしれません。

つまりは思いもよらない役がでいるかもしれないということですね。

それこそがチャレンジでしょう。


後半はセリフのスケッチのワーク。

今日はセリフを決めての準備まで。

来週にもう少し時間をとってから発表になります。


Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 村上クラス | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:36 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/887
TOP