50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 座りながら動かす。 | main | 日常のセリフのスケッチと水平思考。 >>
オーディション

427 空いろ 担当 土井

今日は11時から13時まで男性ふたりの場面の抜き稽古でした。いつものように13時からは全員での稽古です。ウォーミングアップは、2人対になり向かい合い、「大きい動きと小さい動き」、「右の動きと左の動き」を鏡のようになって動いた後、次に正反対に動きます。

 

発声練習の後、今日は「会社」のシーンから始めました。

社員のキャラクターや会社でのポジションについて説明があった後、「会社の中の動き」を作ります。

ファイルを捜す、パソコンを打つ、コピーを取る、電話し、メモを取る、など各自の動きの他に、書類を回したり、不備で返されたり、という一連の動きがあり、皆にお茶を淹れるバイトもいます。慣れたら、「シュッ」とした動きをしたいものです。ダンスのように。

女性は配役が決まるまでは、皆が交替で役を演じます。そう、オーディションです。今日は主に丸山の上司(専務)と小川の内妻、真弓の役を。

役の使命を理解しましょう。丸山のタンカに専務はどうリアクションするでしょう?専務は部長の丸山より上役です。丸山を見て、去る、その無言のリアクションの中で丸山への感情を表現しなければならないのです。

 

真弓が登場する場面を抜粋しました。真弓は小川を愛しています。どれだけ小川を愛しているか?それを表現したいですね。ということで、今日もモテモテの池ピーさんでした。本日は4人の真弓さんを拝見。来週は、真弓の場面の続きと、家族の場面をやります。

 

 

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:37 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/873
TOP