50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 雨が上がれば | main | 場をつなぐ勇気。 >>
「それぞれ」の違いを想像する

4月20 空いろ 担当 土井

アイコンタクト、一斉に動く、のウォーミングアップの後、相手フォーカスで発声。声をかけている相手が他の人にも明確に分かりましたか?

 

さて台本。今日もプロローグ、電車の場面から。

乗客の動きが徐々に決まっていきます。様々な乗客の設定(会社員、女子高校生、主婦、90歳etc...)で動いた後、各自二つの役を振られます。

誰もがストレスを抱えていて、それからは逃れられないと思っています。そして皆急いでいます。 

 

 

続いてスナックの場面。

小川は一世一代の頼みを持って丸山を呼び出しました。カウンター、ラウンジのソファ、カラオケセットなどがどう存在しているか、実感としてなかなか掴めません。複数のホステスにもキャラクターがあり、小川との関係性もそれぞれ違います。

 

今日新しく丸山の会社の場面が加わりました。台詞を読み合わせた後、実際に動いてみます。

「会社を表す動き」がこのシーンの初めに来ます。この場面でもそれぞれ違った社員がいます。

 

15時から男性2人だけのシーンを稽古しました。舞台はかなり険しい山道。

人の動きを見て場所を強化していきます。山は客席も含んで遠くまで連なります。どうやら雨も降っているようです。特に 早く台詞を入れて稽古したい場面です。


 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:20 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/870
TOP