50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 雰囲気のつながり。 | main | 「それぞれ」の違いを想像する >>
雨が上がれば

2018年4月18日 銀宴 担当:梶川

 

先週に脚本が完成し、いよいよ本格稽古のはじまりです。

そして本番まで間もないということで追加稽古をどうするかなどの話し合いから今日は始まります。

というわけで5月からはさらに時間延長をしての稽古になります。

4時間。

集中力をきらさずがんばりましょう。

皆さんは稽古にはげみつつ、私はチラシ作成から印刷所への入稿まで済ませつつ、チケットの準備。

情報もそろったので近々ホームページを更新します。

先立ちまして公演情報を。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アトリエ劇研シニア劇団 銀宴第5回公演

雨が上がれば

脚本・演出 田辺剛(下鴨車窓)

 

小さな町にある喫茶店。

いつもは閑散としている店内は、雨が降っているからなのか偶然か分からないけれども賑わっている。

旅行の相談、金融商品のセールス、憧れの人との出会い、空想の世界で過ごす時間。

テーブルごとに人生があり物語がある。

梅雨にしては強い雨と雷が鳴るなかで描かれるひとときの人間スケッチ。

 

 

日時

2018623日(土)13

1730

24日(日)14

※受付・開演は開場の30分前。

 

会場

人間座スタジオ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーブルごとの会話が少しづつ絡まったり。

それでもやっぱりそれぞれだったり。

大きなことは起こりません。

でもそれは。

例えば私たちの日常にだって大きなことは起こりません。

それでもやっぱり。

この毎日は私たちには尊いものなのですから。

強い雨が降ったって、近くに雷が落ちたって。

今は少しだけここでお茶を飲みながら一息ついて。

 

雨が上がれば

 

そう、雨が上がればまた外に出よう。

当たり前のように外に出ていこう。

 

 

 

そんな作品であります。

ご期待ください。

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 銀宴 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:54 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/869
TOP