50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組と水組の2組に分かれて活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 年内最終稽古 | main |
観客の前で自然に存在する

1月12日 空いろ 担当 土井

ちょっと遅い、「あけましておめでとうございます」、

発声練習はやはり新年にちなんだ言葉が続きます。

 

エチュード第1、観客の前でリラックスして1分間座ります。なるべく動かず、目を伏せたりしないでオープンな気持ちで。どうお客さんと関わりますか?お客さんの圧に負けず、自然な関係を取ります。

 

 

自分の思う自分と人に見える自分は同じではありません。普通にニュートラルな位置に立つ、お客さんを受け止めて尚且つ自然に見えることは、基本であり、難しい事です。

 

次は「窓の外に何かを見る」

何を見ているか観客にわかるでしょうか?

見ることを予測しないで。「ふっと気づいた」のが観客にわかってもらえたか心配です。客を信用できずやり過ぎてしまったり、反対にやったけど伝わらない場合もあります。

見たときの呼吸や目線の空間の捕まえ方で、何を見たかを表現します。

集中力を、高める訓練です。

 

一人でやったこのエチュードを次は3人、あるいは2人で行います。

各々のステイタスと相手への評価が指定されていて、「窓の外を見る」事と、「皆が両手を上げる」というミッションがあります。今回は作品を作り発表は次回に。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:32 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/835
TOP