50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組と水組の2組に分かれて活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 並行稽古。 | main | 今、何を隠した? >>
今年最後の漫才稽古。


2017年12月20日 銀宴 担当:梶川

 

来週がお休みとなり、今日が年内最後の稽古となります。

そしてお休みの方もいるので今日も別脚本の稽古になります。

田辺さんの用意されたのは、どうやら漫才のやり取りを文字起こししたものようです。

中にどの漫才コンビのネタかがわかる方がいましたがイメージがついてしまうのでそれは公表せずで。

30分かけて読み合わせしつつセリフ覚え。

できれば読んでる感じから会話しているように見えるところまで。

そして発表です。

設定としては漫才ではなく、喫茶店なんかで親友の仲のいい二人が喋っているということで。

やり取りをスムーズにするとして、どの言葉に相手が反応しているのか見定めて、そのセリフは強めに発する。

もとが漫才として書かれているので、言葉のポイントが明確に書かれています。

漫才なり喫茶店なり(テーブルを挟んで椅子に座っています)で距離関係は限られているように思います。

が、限られた中でも触れ合えるくらい近くにも、少し離れることも、正面同士で正対することもできます。

限られた中での距離のとり方で見せ方は変わっています。

というわけで見せるということを意識して二人組に戻っての稽古です。

時間をかければペアごとの色合いが出てきます。

わかりやすいところでは漫才の度合いが強いか喫茶店感が強いか。

どちらがどうとかはないですが、この印象の違いがどこから来るかというのは興味深いです。

漫才にはやはり独特の喋り口調があるということなのでしょうね。

というわけで、最後に誰の漫才かを発表。

いとし・こいしさんの私の好物というネタでした。

実際に映像を見て、面白いです。

ゆっくりしたやり取りでも無駄な間が無く本当に面白い。

実は文字起こしをして脚本にすると、いううほど大したことを言っていない。

遠慮せず言うなら脚本は面白くないです。

ですが舞台にのせたときには面白くなる。

そこに役者の不思議があるという話でした。

年内最後にふさわしく笑って一年を締めくくりました。

それでは良いお年を。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 銀宴 | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:32 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/830
TOP