50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
<< 手と水と | main | できない事を演じる。 >>
銀宴 オープンクラス開講!!
 

アトリエ劇研シニア劇団銀宴
体験オープンクラス開講!!
〜演劇を気軽にはじめてみませんか?〜




 
 




募集チラシ0430.pdf

講師:田辺剛



 
 


 
 

演劇は「見るだけ」でなく、「やってみる」と、とっても楽しい



 
 

アトリエ劇研シニア劇団銀宴現アトリエ劇研ディレクターであり
演劇ユニット“下鴨車窓”で劇作・演出をつとめる田辺剛を講師に迎え活動しています。
7月、8月は見学や稽古体験ができるオープンクラスを開講します!
興味がわけば、もちろんそのまま入団することもできます。
初心者でも全く問題ありません。奮ってご参加ください。



 
 


 
 

[ 体験オープンクラス ]



 
 
 

シニア劇団銀宴でどのような練習をするのかを見学や体験するオープンクラスです。

練習日時:2014年7月16日から8月13日までの毎週水曜日のいずれか1日を選択
     全日日程 14時〜16時

対  象:50 歳以上の方。(経験不問)

練習会場:左京西部いきいき市民活動センター
     (京都市左京区田中玄京町149 養正保育所2F)
     詳しくはコチラ

参加費:無料

申込方法:下記の申込先にご連絡いただき、お名前・年齢・連絡先・参加日時をお伝えください。




 
 


 
 

[ 活動について ]



 
 
 

約一年間をかけて演劇作品を創作し公演をおこないます。

練習日時:毎週水曜日14時〜16時

対  象:50歳以上で週1回の練習と公演に概ね参加できる方。(経験不問)

練習会場:アトリエ劇研、左京西部いきいき市民活動センター 他

公演予定:2015年3月(予定)

運 営 費 :月額6000円/初回に入団費6000円(宣伝費等に充当)

募集人数:6名 ※先着順。定員になり次第募集終了。




 
 


 
 



tanabe2.jpg講師プロフィール
下鴨車窓」主宰。劇作家、演出家。劇場「アトリエ劇研」ディレクター。1975年生まれ。福岡県福岡市出身。現在は京都市に在住し、創作活動を続けている。
京都大学在学中に演劇を始める。
2005年に『その赤い点は血だ』で第11回劇作家協会新人戯曲賞を受賞。2006年秋より文化庁新進芸術家海外留学制度で韓国・ソウル市に一年間滞在し、劇作家として研修する。2007年に『旅行者』で第14回OMS戯曲賞佳作を受賞。
日本劇作家協会会員、同協会京都支部事務局担当、NPO法人京都舞台芸術協会理事などを務めている。



 
 


 
 

コメディ!コメディ!コメディ!



 
 

それはテレビのいわゆる「お笑い」とは違います。若い人がよくする、奇抜なことを言ったり変な表情や仕草をしたりすることは、ここでいう「コメディ」とはほとんど関係がありません。また吉本新喜劇とも違います。舞台に登場する人のタレント性に頼って「その人がするから面白い」ということも、ここでいう「コメディ」とは違います。
 大きな権力を持つ者に対抗するには、議論をふっかけることでも暴力に訴えるのでもなく、ただ指を指して笑えばいいと言った人がいます。「はだかの王様」という童話でも、王様のことを裸だと指差して笑うことによって王様の権威に対抗することができるのです。コメディ(喜劇)は、わたしたちの日常や世界の問題に対して、指を指して笑ってみせることができるのだと、そのような仕方で描く物語の方法です。だから変な人が舞台に出て来る必要もなければ、客を無理に笑わせようとしなくてもいいのです。
 かと言って、眉間にしわを寄せてばかりでは、作っている方も観る方も楽しくないだろうと思いますので、その辺りは皆が喜べるような作品を目指していきたいと思っています。

劇作家・演出家 田辺剛



 
 


 
 



 
 

[ 申込・問合先 ]



 
 
 

アトリエ劇研・シニア劇団係
住所 〒606-0856 京都市左京区下鴨塚本町1 
電話 075-791-1966(午前10時〜午後6時)ファックス=075-791-1966
E-MAIL senior★gekken.net(★を@に変えてお送りください)



Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 新人募集情報 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:31 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://fuzokugekidan.jugem.jp/trackback/457
TOP