50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
場面にメリハリをつける

615 空いろ 担当 土井

台本が何箇所か変更しています。まずはその確認をし、今日も最初から止め稽古。

実は月曜日に人間座で男性二人の場面を稽古し、本日も11時から13時まで男性だけの稽古をしました。隣の事務室にも声がよく聞こえてきました。あのテンションで16時まで大丈夫かなあと心配になったほどです。

 

丸山の独白の設定が変更し、きっかけ音も更に変更しています。台詞も追加もあり削除されたものもあり。より良いものを求めてどんどん進化しています。満員電車の場面の動きもスムーズになってきました。今一度気をつけることは、常に満員電車に乗っている状態を保つこと。電車を降りた途端に素に戻って、ゆるーく歩きだしては台無しです。

 

今日は真ん中の満員電車の場面までを。各場面にメリハリをつける動きが加わります。

丸山と谷口のやり取り、丸山と薫、そしてそこに絡む郁子やみちのやり取り、回想シーン、他にもたくさんありましたが、動きが加わる事で場面がぐっと引き締まり、リアルな情景が見えてきました。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
テンションをあげる

68 空いろ 担当 土井

今日も冒頭のシーンより進めて行きます。動きのきっかけになる音が変わったり、全員のリアクションや立ち位置がちょっとずつ変わったりとどんどん進化します。せっかく覚えたきっかけ音ですが、新しいきっかけ音にも柔軟に対応されています。

 

それぞれが作った文章を順に言う場面は、前の人よりテンションを上げ勢いを増します。

台詞のやり取りでどんどん感情がエスカレートしていく場面の多いこと!多いというか、殆どがそうではないでしょうか?今のところ、まだまだエネルギー不足のようです。相手の台詞の語尾より少しでも高い音で、強い音で言おうと肝に銘じてやってみましょうか。

 

タイトルは「The Railwey」、敷かれたレールから逃れられない、と思っている私達の姿が見えます。

丸山の家では、積もり積もった父への不満を爆発させる娘や、いつも裏にある思いを発散できずに精神不安定になっている妻がいます。ここに自分の世界観で堂々と威張っている母が出て来る事で、緊張した空気が緩みます。妻にとっては煩わしい相手なのですが、このキャラクターはなかなか「おもしろい」役柄です。思い切って偉そうに演じて見てください。

この家の場面、同時に2人ずつ2組で会話しつつ絡む、という難しいシーンがあります。1組の会話だけでも難しいのですが、それが2組絡む・・・何度も何度も練習あるのみでしょうか。

 

ラウンジ場面で先生から「陰気臭い店、行きたくない」と言われました。ここはしみじみ飲む店ではありません。小川たちの言葉に毎回全員が「わー、すごーい!」「きゃー、すてきー」と反応して盛大なる拍手を送って明るい店にしましょう。

 

喪服の客もしんみりしているのではなく興奮状態で会話しています。

 

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
満員電車の中のリアル

61 空いろ 担当 土井

先週の人間座での稽古で、流れが掴めたでしょうか?今日は最初の場面から細かく詰めていきます。音と合わせて、動きにも細かい指示が出ます。道具の配置なども試行錯誤しながら前回と変えてやってみます。場面が全く違う環境にドンドンと変化するので、その流れと順番を頭に入れなくては、と痛感します。

 

満員電車に乗り込む乗客のリアルな身体の状態を再現しましょう。皆さん、最近は電車に乗るたび芝居の事が思い浮かんでくるのではないでしょうか。京都では満員電車に乗ることが少ないかもしれませんが。揺れたり止まったり動いたりする電車に身体を合わせるだけでなく、1乗客の台詞や動きに対するリアクションもあります。それが芝居でありつつリアルに行う事の難しさ。名前のない乗客達ですが、それぞれにキャラクターがある事がわかります。そしてまた、「満員電車」というひとつのキャラクターを全員で作っているわけでもあります。

 

回想シーン1は「掃除の時間」で行うことになりました。基本練習の時にとても印象的な「中学生の掃除時間」がありました。中学生をとても自然に演じていました。

 

例えばお葬式帰りの乗客・・・等、いろいろな役をすると思いますが、登場した時から、そのキャラクターがはっきりわかるようにもなるにはどうしたらいいか、今回も考えて来て下さいね。先週に比べ、自分達で細部等いろいろ考えてこられているのがわかります。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人間座にて

525 空いろ 担当 土井

今年度初めての人間座での稽古です。12時半から舞台を作り、13時半から16時半まで稽古。

発生練習のあと、台本の変更場面を読み合わせ、冒頭より順番に、止めながら通しました。音も入りました。

 

ブラックボックスの中では満員電車で人がぎゅっと固まっている様子が浮かび上がり、とてもいい感じが出ます。

会社のキビキビとした動きを、ホールいっぱい存分に動いてみました。

各場面の舞台のイメージがつかめたでしょうか。早い時期に舞台稽古が出来て良かったと思います。

自分が「どこにはけるか」確認し、衣装を着替える事も想像出来たでしょうか?

池に鯉を放つ場面で終わりの時間が来ました。あっという間の3時間です。

今日お渡ししたエピローグの台本の中で、それぞれに入れる言葉を考えて来てください。未来に向かう言葉は、過去をたどるプロローグに呼応します。

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
取材陣をうならせるパワー

518 空いろ 担当 土井

湿度の高い一日です。今日は月刊「茶の間」さんが取材に来られました。

 

発声練習の一言は、同世代ということもあり、昨日亡くなった西城秀樹絡みが続出。少し年上の池ピーさんからは「ヒデキ心配するな、俺がおるー!」との言葉が。取材の方達は、のっけから皆さんのパワーに圧倒されていました。

 

冒頭 駅のシーンより。細かい演出が入ります。立ち位置などあくまでも「今日はこれでやってみる」ということですが、覚えておいてください。そして変更には柔軟に対応しましょう。

 

ラウンジから特急列車までの場面を、15時まで稽古。15時からは男性のみで山道の場面を稽古しました。

ラウンジでの立ち位置や動き、家の場面の台詞などに少しずつ変更がありました。

特急列車にはお葬式帰りの3人が乗り込んできます。ここの会話をチロルさんが考えて来られました。長さもちょうどよく、うまく収まっています。普段から台詞を考える訓練をしている成果を存分に出しています。

特急列車に乗る客・・・舞台裏での「超」早変わりが要求されます。早くからそれも稽古したいところです。

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
配役決定

511 空いろ 担当 土井

公演モードに入りました。発声練習をする時もこれからは、自分の「立ち位置」を考えて声を出すといいですね。

 

さあ!今日は台本がほぼ完成しました。お待ちかねの配役決定です。

 

まずは車座になり、台本を手にし、配役決定の瞬間。

そしてそれぞれの役で、最初から最後までを読み合わせ。色々な場面があります。殆どの人は複数の役柄を持つ為、衣装を着替える「早変わり」の事も考えなくてはいけません。 公演会場・人間座の舞台裏を思い浮かべましょう。

 

本筋を暗示する劇中劇のような場面が出てきます。ここの台詞は、登場する3人が考える事になりました。

 

読み合わせに随分と時間がかかりました。長大なストーリーと、今日は感じます。場面のだいたいの流れがわかったでしょうか。

 

休憩後、最初の場面から順に立ち稽古を始めました。エピローグを除いて、全体の半分ほど迄やる事ができました。実際に動いて見ると読み合わせではわからない「早変わり」の大変さが具体的にわかってきます。場面場面の役柄の説明を受けながら、これからそれぞれが、役を膨らませていかれるのだなあと楽しみになってきました。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オーディション2 登場の印象

54 空いろ 担当 土井

連休中ですが、頑張っています。今日は観客フォーカスで発声練習。流石に部屋の奥までよく声が聞こえます。声を出す前の意識が大切です。

 

「会社玄関の場面」を先週演じていない方が演じました。

小川の内妻真弓と丸山の絡みです。暗い情報を伝える場面ですが、どんなトーンで伝えるべきかと考えてしまいます。

 

続いて「丸山の家」

まず丸山の妻、娘、母3人の女性のキャラクターの説明をお聞きします。

ここでは家族の口論になります。

家族が揉める場面は以前、エチュードでやりましたね。妻と娘は不満に満ち満ちた状態でいます。軽快な音楽に乗ってその思いをぶつけ、その辺りの空間、家の中を搔きまわすかの如く踊りましょう。

 

「山中の池

鯉の持ち主である女主人が登場します。

パッと登場した時にそのキャラクターに見えるかどうかが勝負です。

時間が足りません。予定していたもう一つの場面は次週へ。

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オーディション

427 空いろ 担当 土井

今日は11時から13時まで男性ふたりの場面の抜き稽古でした。いつものように13時からは全員での稽古です。ウォーミングアップは、2人対になり向かい合い、「大きい動きと小さい動き」、「右の動きと左の動き」を鏡のようになって動いた後、次に正反対に動きます。

 

発声練習の後、今日は「会社」のシーンから始めました。

社員のキャラクターや会社でのポジションについて説明があった後、「会社の中の動き」を作ります。

ファイルを捜す、パソコンを打つ、コピーを取る、電話し、メモを取る、など各自の動きの他に、書類を回したり、不備で返されたり、という一連の動きがあり、皆にお茶を淹れるバイトもいます。慣れたら、「シュッ」とした動きをしたいものです。ダンスのように。

女性は配役が決まるまでは、皆が交替で役を演じます。そう、オーディションです。今日は主に丸山の上司(専務)と小川の内妻、真弓の役を。

役の使命を理解しましょう。丸山のタンカに専務はどうリアクションするでしょう?専務は部長の丸山より上役です。丸山を見て、去る、その無言のリアクションの中で丸山への感情を表現しなければならないのです。

 

真弓が登場する場面を抜粋しました。真弓は小川を愛しています。どれだけ小川を愛しているか?それを表現したいですね。ということで、今日もモテモテの池ピーさんでした。本日は4人の真弓さんを拝見。来週は、真弓の場面の続きと、家族の場面をやります。

 

 

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「それぞれ」の違いを想像する

4月20 空いろ 担当 土井

アイコンタクト、一斉に動く、のウォーミングアップの後、相手フォーカスで発声。声をかけている相手が他の人にも明確に分かりましたか?

 

さて台本。今日もプロローグ、電車の場面から。

乗客の動きが徐々に決まっていきます。様々な乗客の設定(会社員、女子高校生、主婦、90歳etc...)で動いた後、各自二つの役を振られます。

誰もがストレスを抱えていて、それからは逃れられないと思っています。そして皆急いでいます。 

 

 

続いてスナックの場面。

小川は一世一代の頼みを持って丸山を呼び出しました。カウンター、ラウンジのソファ、カラオケセットなどがどう存在しているか、実感としてなかなか掴めません。複数のホステスにもキャラクターがあり、小川との関係性もそれぞれ違います。

 

今日新しく丸山の会社の場面が加わりました。台詞を読み合わせた後、実際に動いてみます。

「会社を表す動き」がこのシーンの初めに来ます。この場面でもそれぞれ違った社員がいます。

 

15時から男性2人だけのシーンを稽古しました。舞台はかなり険しい山道。

人の動きを見て場所を強化していきます。山は客席も含んで遠くまで連なります。どうやら雨も降っているようです。特に 早く台詞を入れて稽古したい場面です。


 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
自分の言葉を舞台に乗せる

413 空いろ 担当 土井

今日から、今年も客演をお引き受け下さった小高さんが稽古に参加する事になりました。

ウォーミングアップに、「アイコンタクト」を。ふたり、そして全員で、気配を感じ息を揃えてジャンプします。

次は相手フォーカスで発声練習。全員で1人に向けて声を届けます。

 

先生から今年の公演の全体の流れを説明をしていただいた後、今日は2つの場面を稽古。台本を一度読み合わせした後、立ってやってみました。

「プロローグ」の場面。場面は満員電車。満員の状態や電車の揺れ、乗降客の流れなどを10人ほどで表現します。電車の場面はこの後も何度か出てくることになりますので、これから電車に乗るたびに人の様子や自分の身体などに普段から注意してみましょう。先週からの宿題で考えてきた台詞をここで発表します。

そして「スナック」の場面を稽古しました。

 

ふたりの男性の配役は既に決まっていますが、女性の配役決定は連休明けになります。台本は徐々に出来上がります。先生が作られたしっかりとした骨組みに皆さんが肉をつけていく感じでしょうか。

普段から発声練習では各自何か一言を考えて声に出していますが、その延長で自分の言葉を舞台に乗せる訳です。また、自分の作った言葉を別の人が声に出し表現する、という事もあるかもしれませんね。文字で見るのと声に出す、そして聞くとまた違う印象があります。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TOP