50歳以上の方限定のユニークな劇団活動を紹介します。現在は星組、銀宴、空いろの3劇団で活動しています。それぞれタイプの違う練習を行い、個性ある公演活動を行っています。
心境の変化

1130 空いろ 担当 土井

先週のミーティングの後、ロゴ作成について情報や意見が出ました。今日は細見先生から改めて空いろ独自でできる事と劇研との関係で考えることの違いについて説明がありました。そして広報活動に当たる「ロゴ作り」について次週7日の12時からまた皆でミーティングをする事になりました。

 

今日のウォーミングアップでは、プラスチックの棒を2人の掌で支え、動きながら歩き、そして発声まで行いました。相手の力を掌に感じます。ですが木の棒と違い、プラスチックは曲がるので直接相手の力を感じるにはもの足りない。その微妙なところを感じて、お互いを思いやりましょう。

 

次に「2人で作業」を。

大きさのあるものは相手に合わせます。担架やシーツなどいい感じが出ました。2人で動くと、何かを一緒に持ったりせずとも、何処かで共通の認識が必要となります。「雪かき」のワークをしましたが、雪国育ちの私の思う雪は皆さんから見ると重すぎたようです。

 

次は3人のワークです。

Aが、ある2つの場所を回ります。ここには感情が伴い、移動による変化があります。

「刑務所」という設定はどうして表現したらよりわかりやすいでしょうか?

まだ囚われている人が正面向きに位置し、初めからそのように動いていたら?

10年ぶりに娑婆で食事する感動はいかがでしたか?

 

課題が出ました。これも3人でのワークです。

AはB(配偶者)を介護しています。Aの外出中にBの姉(兄)Cが来てAに寄り添っています。

外から帰ってきたAにCはAの介護について文句を言います。

Cの帰った後、Aはサイフを持ち高級クラブ(ホストクラブ)に行き豪遊します。

こわごわ店に入ってから散財するまでの心境の変化を演じましょう。残りの2人はホスト(ホステス)を演じます。来週までに考えて来てください。

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ある職業

1123 空いろ 担当 土井

稽古前に集まりミーティング。旗揚げから3年が経ち自分達の劇団「空いろ」として広報活動等を考えようということから公演形態まで様々な意見が出ました。打上げでも出ていた「ロゴ」を作ることになりました。

 

先々週見学に来られていた方も団員として加わり、ウォーミングアップ開始です。

「アイコンタクト」ゲームは 二人ずつから三人へと。

3人目の人は目のあった2人が出た風に乗りすっと出ていきます。

発声練習では相手に質問を投げかけます。

「空いろの女性は意地悪ではないですか?」という新しい方の質問に

「意地悪ではないけど怖い人は時々います」と池ピーさん。

 

次は「場所を強化する」エチュード。

スーパーだった場所がカフェに変化したようです、手を洗ってレジカウンターに入る動作からでしょうか。2番目は会社の喫煙室です。

 

自分はある職業を持っていて、座っている相手にある事をさせたいと思っています。

その空間がどこかも表現し、架空の第三者を設定してもOK。

泥棒はスタートから身体が泥棒らしかったですね。

政治記者がインタビューする相手は?

美容院、霊媒師・・・ストールやレジ袋を上手く使って役の雰囲気を出します。

保育士、スタイリスト、消防士、警官、訪問介護士と続きました。

直ぐにその役に入り、年齢、性別、役割を表現します。

 

結婚前の2人と親、という先週のエチュードの続きですが、今回は両家が登場し4人登場です。

それぞれの思惑が交錯します。今回は政略結婚の設定です。

本人たちは破談を考えていますが相手の思惑がよくわからなくて自分の出方を遠慮していたように見えました。関係をキープして、ボールを渡すようにチームでストーリーを展開させます。

次回はある人物の二面性を表現します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
思惑

1116 空いろ 担当土井

公演の打ち上げで「空いろのロゴマークを作ろう!」という声が出ましたが、それも含めてこれからの公演や情宣の仕方等について先生から提案があり、来週稽古前に全員で話し合いの時間を持つ事になりました。

 

さて、新たなゲームを。「ゾンビゲーム」です。

円の中にいるゾンビに襲われそうになったAさん、アイコンタクトで誰かに助けを求める、コンタクトに気づいた人が「Aさん!」と声をかけることでAさんが助かる、というアイコンタクトを重視したゲームです。どうしたのでしょう、名前が出てこなかったり、名前を間違えてしまいます。

アンテナを張り身体をコントロールする訓練です。ゲームでもゾンビは怖く、襲われる方も見つめられる方も心に負荷がかかり思うように動けません。

あとの発声練習にも、このゲームを受けた言葉が続きます。「頭の中も秋ですね」とは綺麗にまとめましたね。

 

次に歌いながら動く。動くとは何かをしている状態です。

場所や状況を自分で設定します。歌い出しと歌い終わりのタイミングがうまく行くとばっちりきまります。作業をキープしながら歌い続けることが肝心。視線、大事ですね。作業する、歌う、と二つの違う事を同時にこなす・・・これは動きながら台詞を言うことにつながります。

 

ここからはグループワークです。2つのグループ(5人と4人)に。

5人(4人)ともある人を怒っています。5人(4人)それぞれ怒りの度合いは違います。

今日は怒られ役は土井、怖かった!

会社の設定では怒りの強弱と役職によるパワーのバランスが複雑に絡みます。

 

次は3人組になり、それぞれが「どんな思惑か」を表現します。

子供、 子供の婚約者の3人が 2週間後に結婚式を控えているという設定で、レストランにやって来ます。

親は結婚に反対のようですが・・・。1人ずつ順番に抜け、それぞれ残った二人で会話をした後、3人に戻り話し合います。さて結婚話はどうなったか? 二人で話す事により思わぬ方向に話は進みます。なかなかに時間がかかり1組は来週の発表となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
関係性からキャラクターを表現する

119 空いろ 担当 土井

今日は男性の方が1名見学に来られました。

ストレッチをした後、サークルになって久しぶりに「アイコンタクト」を。

発声練習は相手に質問を投げかけ、掛けられた人は質問に答えます。発声は上半身をリラックスさせ、下半身でしっかりと声をおへそから出すようにして行いましょう。

質問は・・・

風邪ひいてませんか?(相手の状態をよく観察していますね、風邪をひいていたようです)

おへそに口はありますか?(おへそから声を出すという言葉を受けて、ですね)

私、留袖似合うと思いますか?(お子さんの結婚式が間近なリアルなご質問です)

公演のDVDは見ましたか?

まったけご飯は好きですか?

タキシードは似合いますか?

基本に戻れますか?

ラストは、ぎゃ、びゃ、ぴゃ行を全員で爪先立ちで発声。

 

さて今週も「キャラクター」について勉強します。キャラクターは人と人との関係性、絡みの中から見えてくるものです。即興の練習で絡みの感覚を鍛えましょう。

 

道で二人が出会います。相手に対してどのくらいの好意を持っているでしょうか?予め好きの度合いを表す数字を渡されてます。

2番目に、反対に相手を怒っている度合を示す数字を渡されます。元々は親しい2人、出会ってお互いに「こっちこい」「お前こそこっちこい」とゆずりませんが、結末はどうなるでしょう?

2人の距離感も関係を表現しています。

 

次に、何も知らず座っている人がいて、後から来る人がその人をどう扱うかで二人の関係を表現します。

3歳の孫と祖母、休みがちな生徒と教師、容疑者と刑事、掃除会社の後輩と先輩、夫と妻、舞台女優とそのファン、ペットの犬と飼い主、お見合い相手どおし。(先に示しているのが椅子に座った人)

皆さん、適応力抜群でした。「ダウン!」の一言ですぐ犬になられました。

 

休憩後、先週の続き、「ABC3人の関係」を同じメンバーの組み合わせで行ないます。

お見合いをすっぽかした娘を怒る父親と間に入る母親。母親も最後には父親と言い争いになります。実はふたりも「駆け落ち」していた、ということで終了。2回目は息子を怒る母親と姉に。

結婚式に着ていく留袖を汚された姉は「シャネルのスーツの方が似合う」と言われて怒りが収まります。

男をめぐる争いは怒って出て行くAにCのポツリと一言「もらいます」。

このチームの2回目の結末はなかなかブラックに仕上がりました。Cの夫がBと不倫関係にあるというオチ?とにかくこのシチュエーションではA(怒っている人)のパワーが半端ない演技です。見学の方もびっくりしつつ楽しんでおられました。(怖かったでしょうか?)

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:27 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
稽古再開

11月2 空いろ 担当 土井

9月末の公演から1ヶ月間のお休みを経て、今日から稽古再開です。

左右の腕を反対に前後に回す新しいストレッチが加わりました。

発声練習は「相手ターゲットで質問文を作る」

秋の果物は何が好きですか?

こけて頭打った事ありますか?

あの後(打上げ後)無事に帰られましたか?

木枯らし一番はいつ吹くと思いますか?

もう質問決まってます?

お洗濯は好きですか?

俺は本当は丸山か?

さて、誰が質問し、誰から何という返事が返ってきたでしょうか?

 

今日は「キャラクターを表すときにどんなアプローチを行うか?」をテーマとし、パワーバランスがどうなっているか?どういうふうに関係を取るか?を考えて演じます。

舞台には椅子が1脚だけ置かれています。その椅子を2人が取り合います。

初めに「徐々に強い人が来る」パターンです。

少しずつ強くなっていくように。何と3周目までいきました。ヤクザの抗争みたいにもなっています。宮内庁の者や地面にころがって泣き叫ぶ子供、元小学校の先生も出てきます。

「私の道や!」といって足を投げ出し椅子から動かない人もいます。

「若いもん連れて来る」と恫喝も入りました。

 

次は「少しずつへり下りながら」席を代わってもらいます。

出てくる時に既にキャラクターのオーラが出るように。

老人や赤ちゃん連れ、病気怪我で迫る人が多いですね。その赤ちゃんを見て「彼の子が欲しかったわーー」と泣き崩れる人、「救急車呼んでください」と瀕死の人、それをどかすのは椅子の周りを走り回るちょっとおかしい人、そこへ妊婦が。破水しそうです。ペット連れが妊婦を上手く係の人の方へ追いやります。そこへ男に振られた女が泣きつくと、次には夫に先立たれたばかりの老婆が泣きじゃくりながらやってきます。そこへ大変気色悪い坊主が「早く旦那の傍に行きなさい」とばかり念仏を唱えてやってきます。キャラクターの強さが上か下かは別として、前の人のキャラクターを受けて皆さんがストーリーを繋いでいく様子が本当に面白かったです。

 

今度はABC3人組になって、大中小のパワーを表します。AはCのことを酷く怒っていて、Bがその中間に居ます。そしてある時Cは開き直りバランスが崩れます。

女2人の男を巡る争いに仲裁役が入ります。大変重い空気です。この設定はかなりリアルな感情でぶつかる事ができるのではないでしょうか。

 

何か(真珠のネックレス)を壊してしまった娘を怒る母親と中間役の姉妹。

 

気に入らない男とデートし母の仮装の衣装を勝手に持ち出して汚した娘を怒る母親となだめる父親。これは怒る理由が曖昧で本当に怒る気持ちになっていなかったと思います。

「入ってくる時どんなに怒っているか?」をちゃんと表すことで物語りを作る事ができるのです。

 

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
客席に開く身体

921 空いろ 担当 土井

午前中は男性の場面、午後は全員で今日は西部での最後の稽古です。

メリハリ、テンポをつける為の変更点がいくつかありました。

 

冒頭、電車から押されて出る感じが出にくい後列の人達だけで稽古します。満員電車に乗り込んだ丸山の身体の向きを変えると、絡みの乗客の存在が分かりやすくなりました。

椅子に座ったままの乗客、という設定も加わります。

早歩きは逆走する事でより混雑した慌ただしい感じが出てきました。

 

会社、台詞の無い部分で会社員達のちょっとした視線が追加されます。

1からラウンジの転換を効率よく変更。

ラウンジはもっともっと盛り上がるようにどこまでも行きましょうか。

2の「出」を印象づけます。格闘というか追っかけあいもよりリアルに。

途中下車の乗客にも設定が加わります。

 

特急列車の転換をよりスムーズに決めます。

ラストの動きとそれによる隊形がまた変更しました。どんどん、行きましょう!より良いものを目指して、本番まで試行錯誤です!「客席に開いた身体」を今回目指します。

 

1450分より通しを始め、16時7分に終わりました。

稽古後も自主稽古は続きます。月曜日も自主稽古をされるとのこと。体調管理よろしくです。

さあ、本番を思いきり楽しみましょう!

 

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
テンポよく!

917 空いろ 担当 土井

今日も人間座で稽古です。

袖幕、大黒幕がつき、より舞台は本番に近づきました。舞台監督さんの舞台説明から稽古が始まりました。

発声練習は「役で一言」を。女性はいくつかの役を持っている方が多いですが、どの役を選んだでしょうか?

 

抜き稽古はラストシーンの変更から。集まる、拡散するイメージです。様々なプランを試してどんどん進化します。そしてエピローグ場面の初めからラストまでを稽古。

 

次は冒頭から次の場面までを。完全に暗転する中での段取りを決めます。

 

ラウンジの前から転換を。椅子のどこにバミリを合わすか情報を共有しましょう。小川を踊りに誘う時は頭がおかしく見えるくらいの派手な動きで。

 

そこから家2への転換。

その世界に客を巻き込みます。音楽に負けないテンションで。言葉ははっきりと言いましょう。

 

1447分から通し1610分に終わりました。

出が遅れるのは勿論困りますが、早く袖口にスタンバイし退場や転換の登場をじゃましないように気をつけて下さい。自分だけではなく、全体を考えましょう。待機する場所もそうです。

 

これまで指摘された事は改善されてはいるけれど充分ではないようです。

冒頭で乗客になりきっていない人もいて動きがバラバラ、アクティブな場面でのテンションが足りない、テンポに遅れる人がいる、言葉が聞き取れない、などなど。

でも確実に良くなっています。いま一度台詞と全体の流れを確認しましょう。

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
もっとテンションを上げる!

910 空いろ 担当 土井

人間座にて。

初めは何箇所かの抜き稽古です。

会社員達の転換は、舞台監督さんのキューで登場です。

学生達が新幹線を眺める視線の合わせ方を、本会場で確認。

家の場面2を確認し、電車を降りる場面にセリフが追加されました。

本番で動くメンバーにより池の場面の、布、布と丸山の動きを確認しました。

 

15時から通し。旗揚げ公演から比べると、大作をやれるようになったものです!

女性は全員が担当する、「場面転換」。自分が担当する場面の「バミリ」は必ず通しの前に確認しましょう。場面ごとに色分けをしています。舞台に上がると緊張し、小さなテープを探すのは本当に困難なのです。その上、着替えがあるのですから。でも客席から見て、スムーズな転換はかっこいいのです。次回は事前にしっかりと確認する時間を持ちたいものです。

会社の場面は急に忙しくなった様子をはっきりと表現すると、その後の丸山の発言へのリアクションにメリハリがつきます。

いくつかの場面で「(頭が)オカシイくらいのテンションに上げましょう」と先生から言われました。小川然り、香然り、ラウンジのホステス然りです。いくつかの決め所をハッキリと示し、盛り上げましょう。

衣装も通しをとおして、各自がより動きやすいものや、場面にあったものを見つけています。袖幕や舞台奥の大黒幕が早く欲しいという声が出ています。来週の人間座稽古に期待しましょう。

14日金曜日の稽古は、当初男性だけの場面の抜稽古だったのですが、午前中に家族の場面の抜き稽古をし、午後は全体稽古に変更しました。がんばりましょう!

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
どんどん進化しています

97 空いろ 担当 土井

大きな爪痕を遺した台風に、北海道の大地震と相次ぐ災害続きの今週、全員顔を揃えて稽古できる事は本当にありがたい事です。

今日は照明さん、音響さんが来てくださいました。いつもよりはちょっとだけ音に敏感になり、明かりを想像してみたりしました。

 

まず、冒頭から部分的に抜き稽古です。

冒頭、前回試したスローモーションの動きを取りやめました。暗転の間からしっかりと乗客になりきりましょう。いつ明かりが来ても大丈夫ですか?袖にいるときからもう芝居は始まっています。

 

会社への転換、よりスムーズな動きを要求します。

家への変換から、続いて家の場面を。丸山の帰宅に小道具やそれに伴う動きが付け加えられました。丸山の家でのパワーがより鮮明になりました。

次の会社の場面でも小道具が増えました。(どうしよー、これ以上増えたら!)

ラウンジ場面では、皆で歌い出すまでの段取りをつけます。歌と動きの絡みも重要です。

小川の踊りが独特すぎる?お客様には池ピーさんのファンが多いので大きな拍手が起こるでしょうね!

家第2場面にも、当然丸山の帰宅動作が加わります。

池に鯉を取りに行く場面では、台詞が少し追加されたのでしょうか?

ラストの、丸山や全員の台詞も少しだけ増えたようです。皆さんの息がよく合っていることがわかります。

 

1446分から通し始め、丁度16時に終了しました。だんだん進化しています。場面の変更が毎回行われていますが、皆さん難なくこなしています。

でも、基本に立ち返り、台本に書かれた台詞をもう一度ちゃんと確認し、しっかりと覚えましょう!

 

 

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
狂ったようなテンションの高さ

831 空いろ 担当 土井

ウォーミングアップでは、ゆっくり歩いたり、一斉に止まったり、丸山と丸山以外の人がテンポの違う歩き方をする、という稽古をしました。これが電車の場面に繋がります。

 

通しの前に抜き稽古を。

はじめに出の場面。メリハリをつけるため、スローモーションで動いてみます。

真弓と丸山が出会う場面の動き、より舞台を十分に使おうと動きに変化がありました。

栄転を告げられる会社の場面では、谷口と丸山の火花散る感情のぶつかり合いがあります。

ラウンジ、小物が増えました。「狂ったように踊る店」との設定、まだまだ狂いが足りないのでは?

家の場面の後、後半の電車の場面。隊列が変わりました。

ラストシーンをやり、通しです。

 

1444分より始め、15時57分に終わりました。

少しずつ良くなっています。場面のつなぎも上手くいくようになっています。

電車の場面では、後列の人も気を抜かないで下さい。

メリハリをつけるための動きの変更は効果的でした。

各場面で細かい指示が出ています、身体にインプットできましたか?

 

テンションが上がるところで落ちている箇所がいくつか見られます。会社での朝の挨拶、小川の懇願などなど・・・より、ハイテンションに持っていきましょう。そして、ラストのテンションの高さはかなりのレベルです。ふつうにしていては暗いのです。ここも狂ったようなテンションで行きましょう!

アドリブですが、許されるところとダメなところがあります。もうすっかり自分の言い方が染みついたかもしれませんが、ここでもう一度台本をちゃんと見て頂きたいな、と思うことがあります。

 

 

Posted by : アトリエ劇研シニア劇団 | 空いろ | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TOP